[院長コラム]
水痘ワクチンについて

水痘ワクチンは、50歳を過ぎた方に接種可能なワクチンです。帯状疱疹の予防に有効です。帯状疱疹は、加齢や、ストレスなどの免疫低下が引き金となって起こります。帯状疱疹は、80歳になるまでに3人に1人がかかるといわれています。厄介なのは、発疹が治ったあとも続く神経痛です。長い場合は、数年間も続きます。
水痘ワクチンは、帯状疱疹の発症率を下げることが報告されていますので、50歳を過ぎたら接種を考えましょう。