ご高齢の方の複合的な疾患について

ご高齢の方の疾患については、皆さんもご存知の通り、認知症やもの忘れなどの疾患や、生理機能の低下に伴うさまざまな疾患が複合的に現れる場合があります。

高齢化社会においては、高血圧、高脂血症、糖尿病に伴うさまざまな疾病・病変に対し、医療はもちろんのこと予防が医学的にも社会的にも重要性を増してきています。ご高齢の方に多く見られる傾向は、加齢に伴い、生理機能が低下し、症状が非典型的で病態が複雑になることです。複数の疾病を持っているため、多臓器の障害があり、薬剤に対する反応・効果も成人の方々とは異なることがあります。

当院は「老年内科」を標榜し、とくにご高齢の方の診断・治療・ケアを専門としていますので、上記のような加齢による疾患に対しても、適切な診断・治療を行います。

ご高齢の方の疾患について

認知症、もの忘れ、高血圧、心臓病、不整脈、脳梗塞、高脂血症、糖尿病、関節痛、骨粗鬆症、肺炎、貧血、不眠、抑うつ、便秘、下痢など

当院の治療について

成人病、老年病の領域に長年関わってきた経験から、老年医学に関する諸問題を、医療・予防の両面から診察します。患者さんとご家族の皆さんが、人生を笑顔でエンジョイしてもらえるように、患者さんにとって最も良い医療、一人ひとりのオーダーメード医療を目指します